Menu

金買取の税金問題をクリア

金買取に対して、税金の問題がわからないという人たちがかなり多くいらっしゃるようです。

金買取して税金なんてかからないと思っている人が結構多いようですが、実際に反対です。

であれば果たしてどの程度私達のもとにお金が残るのでしょうか。

金買取で注意しなければならない税金

現在、金買取をして利益を得ることが出来れば、 所得の発生となり売却価格が30万円以上になると、「税金」を支払う義務が出てくることになります。

非常に理不尽という感じもありますが、ただし支払いしないでいいケースも存在しています。

譲渡所得 雑所得 事業所得 と言ったものが所得の種類です。譲渡所得は金買取をしてもらい得た金額のことを言います。

金買取の30万円以下は非課税とすることが出来ます。しかし、単に、買取価格が、そのまま譲渡所得ということではありません。

そもそも、譲渡所得は売却額-(新品購入時の金額+購入と売却時の経費)-特別控除 という計算式であらわすことが出来ます。

特別控除というのは、譲渡所得に対し年間50万円の控除額が決まっています。この計算式に実際にあてはめるとマイナスになる場合はあります。

課税対象は、譲渡所得が30万円以上の場合だということは変わらないので、マイナスになってしまえば私達は税金を支払いする必要はありません。

金買取する前に新品購入時の額もしっかりチェックする必要があり、新品購入時を超えてしまうような高値にならない限りは、金買取してもらっても税金の支払いは必要がありません。

確定申告するにあたり

金買取で儲けを出すことが出来たら、確定申告も必要になって来ます。

確定申告するにあたり、 譲渡所得として所得税の課税を受けることになり、 事業として売買を行っている場合には事業所得に。

事業としてではないけど、営利目的として継続的に売買を行っている場合には、雑所得に該当させることが出来ます。

雑所得では、譲渡所得のような複雑な計算方法はなく、特別控除はありません。ただし、仕入れ値、または手数料などの経費はマイナスにすることが出来ます。

事業所得においても、 雑所得と基本計算方法は同じですが、 経費のカテゴリーに対しての違いが出てくるでしょう。

事業者としての届けになるので、オフィスや機器なども経費のひとつとして所得計算からマイナスにして申告することが出来ます。

いかがでしょうか。金買取してもらうということは実際にこのようなことまで考えて行動しなければならないことなのです。