Menu

金買取 価格決定のされかたを学ぶ

金を買取して欲しいと思えば、買取価格に相当な違いが出てきたりします。

そもそも金の買取価格はどのように決められているのでしょうか。

金の相場

金の買取価格は相場に反映すると言っていいでしょう。金の相場は、世界のいたるところ政治や経済の状況によって変動していきます。
金に対しての需要によっても変動します。

アメリカのニューヨーク、イギリスのロンドン、スイスのチューリッヒ、中国の香港は、得に金における4大市場とも言われています。その中でもロンドンで決定された相場は大きな影響を与えることに。そのような意味では金にとって世界一の市場とも言われています。

日本の場合は、東京工業品取引所において金の取引がされています。

実際に、株式と言った紙の資産では、それ自体に価値がそなわっているということではありませんが、金は、株式と言ったものとは全然違い、相場か絶えず変動するものの、実質資産ゆえ価値がゼロになることはありません。

そのようなことからも、金買取価値にかなり期待している人たちも多いのではないでしょうか。

計算には、トロイオンスという単位が使用されています(1トロイオンスは31.1035グラム)

金の1gあたりの価格の算出計算は、(1トロイオンスあたりの価格)× 31.1035 × (ドル円為替相場)+諸経費です。

これに対して、消費税がプラスαかかってくることになります。

金の純度

金買取で高い価格がつくのにはやっぱり金の純度が大事なポイント
となり、純金のほうがより期待値は大きいでしょう。

見た目純金のようでありそうでなかった……と言うことも実際にあるかもしれません。

相場というものが金買取には存在しているものの、相場は、嘘をつかない価格ともいうことが出来ます。金買取業者は、18金に対して純金価格をつけることは絶対にありません。

ブランド価格はどう評価されるのか……

金買取において、高級ブランドや有名な芸術家の作品だった場合、破損がなくキレイで状態のいいモノに対しては、金の質量以上の買取価格が期待出来ることもあります。

ただし、おおかたブランドの金買取の場合、流行の人気商品なら、高く買取してもらうことが出来るでしょうけど、人気がないのものなら安い買取価格になってしまうこともあります。

いかがでしょうか。金買取をするとき、高額買取をしてもらうためのお店選びも大事なポイントになります。更にしっかりリサーチが大事です。