Menu

母の日Mothers’ Dayカーネーションをプレゼントする理由

 

母の日Mothers’ Dayになんで多くの人たちがカーネーションの贈るのでしょうか。

母の日って、日本だけのイベントなのでしょうか。

いろいろわからないことってあるのではないでしょうか。今回、そのような問題をスッキリさせてみませんか?

世界じゅう母の日はあった

母の日Mothers’ Dayというのは、日本だけ特化したイベントということではなく、世界じゅうに存在しているイベントということが出来ます。

世界それぞれの国で、お母さんに感謝したい気持ちは同じということなのです。

母の日のはじまり

現在、私達日本人が受けとめている母の日は、20世紀初頭のアメリカ・ウェストヴァージニア州にスタートしたものと言われています。

お母さんを亡くしたアンナという女性が、亡くなったお母さんに対して、 しのび5月に教会で追悼会を開くことになりました。

そこでお母さんが好きだった白いカーネーションを、参加しているみなさんに一輪ずつ配ったということです。

これが、日本人の方々が、カーネーションをプレゼントするようになったルーツです。

そして、お母さんを思う気持ちは誰も一緒であり、瞬く間に輪が広がっていくことになります。

1910年、ウェストバージニア州知事が「Mothers’ Day」を認定することになります。 1914年には当時のウィルソン大統領の提案で、追悼会が開かれた5月の第2日曜日が「母の日」に制定されたということなのです。

明治時代には、このようなイベントが日本にも浸透することになります。

ギリシアの時代

ギリシアでも、母の日は古くから存在し、 神々の母・リーアに感謝する春祭りを行っていたりしたので、アメリカが最初に母の日を取り入れたということではありません。

ただし、日本がどこから母の日を取り入れたのかといえば、それはアメリカという言い方が正解でしょう。

更に、17世紀のイギリスでも、出稼ぎに出ている人たちを母と過ごすために里帰りさせていた「マザーズ・サンデー」というものが存在していました。

母の日、お母さんが何よりも嬉しいと感じることは、一緒にいることなのかもしれないですよね。それは、カーネーション以上のプレゼントと言っていいでしょう。

亡くなったお母さんに白いカーネーション

アンナがお母さんに対して贈ったのは白いカーネーションです。しかし、アンナのお母さんは既に亡くなってしまっていますよね。ですから、一般的には、亡くなったお母さんに対して白いカーネーションをプレゼントするという習慣が定着しています。

日本人の方々が、現在バリバリ頑張っているお母さんに対しては、赤いカーネーションをプレゼントすることが一般的です。

現在まだ元気なお母さんに対しては、白いカーネーションはまだちょっと控えたほうがいいかもしれないですよね。

ただし段々とここの部分の境界線はなくなりつつあります。

赤いカーネーションというのは、キリストが十字架に架けられたときに、聖母マリア様が落とした涙から赤いカーネーションが咲いたと伝えられ、「母性愛」の象徴と言われているからです。