Menu

歴史に金買取の需要を見る

金の歴史についても正しい理解をしておきたいものです。あなたは、なぜ、金買取をしてもらい、そこに高い価値を期待しているのでしょうか。

中世ヨーロッパの歴史

金の歴史は、紀元前6000年頃に古代シュメール人からスタートしたといいます。

もう既にその頃、私達が金買取に対して持つ期待感のようなものを持っていたのかもしれません。

金は、なかなか手に入らないものだから高貴な人たちしか持つことが出来ないで、だからこそ、多くの人たちが金に魅了され、金を欲しいと思うのではないでしょうか。

そして、中世ヨーロッパにおいても、金の価値は重宝されて、王の権威である王冠や、側近など高位な者の装飾品と言ったものに有効的に活用されて来ました。

貨幣として金貨、銀貨なども登場して、実際に銀にも価値は存在していたものの、金は、銀の10倍以上とそれています。

やっぱり、この時代でも銀より金なのです。それは、なんら私達の現代社会と変わらないのではないでしょうか。

金がもしも、いくらでも採掘出来るものであれば、これ程まで価値は存在しないでしょう。

やはり金は、埋蔵量が少ないからこそ、価値を生み出し、錬金術のようなものが、より金の価値を高めたともいうことが出来ます。

錬金術は失敗し、夢は破れてしまうことになりますが、私達は、依然、金に対して、夢を見続けているとも言っていいかもしれません。まさに、現代社会の人たちにも、果てしない夢を見させてくれる存在こそが金であり、金をマジマジと見、酔いしれている人たちも少なくありません。

1900年代以降

1900年代以降、より金に対しての関心度は強まったとも言われています。1980年には史上最高額ともなる1グラムあたり6945円で取引されたと言われていますが、しかし、それ以降は、金の価値も下がりはじめたのです。

金は歴史的にみてずっと価値を持ち続けていたかといえば、部分的にかいつまめば、そのような現状も見てとることが出来ます。

なぜ、そのような事態になってしまうかといえば、金はなかなか手に入らないからあきらめてしまったのか、さもなくば、装飾品としての金はお腹を満たすものではないという認識からでしょうか……。

しかし、再び、金需要はヒートアップします。それは、金は、財産であり、投資の対象となりうるものであるという認識からでしょう。金買取によって、得をしたいという人たちが大勢いて、より注目が金に対して集まっていくことになります。