Menu

金の買取価値を知りたい

金を買取して欲しいと思っている人たちにとって、金の価格がそもそもどのようにして決定されるのか非常に関心あることではないでしょうか。

ここでは、そもそもの金買取の価格の決まり方を解説します。

金の相場

金の買取価格の決定事項として、相場は大事なポイントです。

相場・相場とたやすくみなさんおっしゃるものの、そもそも相場とはなんなのでしょうか。

金の相場は、世界中の政治、経済、社会情勢などの変動によって作り出されるものです。
更に、金を求めている人たちの需要、供給のバランスによっても変化します。

相場とは、金が取引される、その時その時の値段のことであり、時価のことです。市場で競争売買によって決定されていきます。

そもそも金と言う存在は世界中の人たちが注目しているから、世界中の市場で取引されています。

アメリカのニューヨーク、イギリスのロンドン、スイスのチューリッヒ、中国の香港の4つの都市は世界四大市場であり、金の相場と大きく関わっています。

その中でも金の相場に大きな影響が存在しているのは、ロンドンと言われています。

金という存在は、株とも違い、相場は実際に変化することはあっても、実物資産ゆえ、価値自体、ゼロになってしまうことがないから、多くの人たちが信用して金に群がっているのでしょう。

買取価格の計算式は以下のとおりです。【金の相場×売る金の質量×純度×買取業者の手数料=買取価格】

金の純度

金の買い価格を決める大事要素として、更に、金の純度があります。 24金、18金、14金と言った言葉をよく聞くことがあるでしょう。

24金、18金、14金というのは、金の純度を表すものです。金の純度は24分率であらわされて、24金、24カラット(Karat)は純金のことであり、何よりも純金に一番高い買取価格がつけられることでしょう。

いろいろアクセサリーとして金を持っている人たちもいるでしょうけど、純金は、崩れやすくアクセサリーとして不向きなので、そのようなものは、おそらく18金、14金でしょう。

ブランド価値

果たして、金買取には、ブランド価値はどの程度存在しているのでしょうか。

実際に、金買取に対しても、ブランド価値は存在していると言っていいでしょう。

高級ブランドや有名なアーチストの作品の場合、破損がなくキレイで状態のいいものに関しては金の質量以上のプラスαの付加価値がつく可能性があります。

いかがでしょうか。このような様々な要素が絡み、金買取価格が決定されていきます。